学校給食事業


埼玉県のマスコット「コバトン」

学校給食の始まり

昭和21年、文部・厚生・農林三省の通達により、同年12月から学校給食が始められました。開始当初は今のような牛乳ではなく、「米国の脱脂粉乳によるミルク給食」でした。
その後、種々の曲折により昭和26年には一時廃止となりましたが、昭和27年に「学校給食実施方針」が公布され、昭和29年「学校給食法」制定と同時に「酪農振興法」も制定。昭和32年より実質的に「学校給食飲用牛乳供給事業」が開始されました。

当社の所在地である埼玉県では、小学校75校・中学校2校・高校7校・ その他1校の合計85校が最初の事業対象校となり、述べ供給人員3,300人、供給量1,280,000本、供給業者数20社の体制で開始されました。

当社の供給地域

埼玉県行田市を中心に、県東部地域などの16市町村に日量約500校、250,000本供給しております。(平成27年度現在)

学校給食の発注ご担当者様へ