沿革

  • 1887年(明治20年)

    創業者・森脩が森牛乳店を忍町(現在の行田市)に設立
  • 1934年(昭和9年)

    森貫一が森牛乳店二代目店主に就任
  • 1957年(昭和32年)

    森牛乳店が森乳業株式会社と改組し、代表取締役に森貫一が就任
  • 1970年( 昭和45年)

    行田市富士見工業団地内に新工場を建設
  • 1976年(昭和51年)

    森貫一が初代代表取締役会長となり、森實が代表取締役社長に就任
  • 1980年(昭和55年)

    三友三之助が代表取締役専務に就任
  • 1981年(昭和56年)

    森貫一が代表取締役会長を退任し相談役となる。
    後任に奥村徳治常務取締役が代表取締役会長に就任
  • 1985年(昭和60年)

    “ジャーマンヨーグルト”の製造販売を開始
  • 1986年(昭和61年)

    “ロングライフ製品”の製造販売を開始
  • 1987年(昭和62年)

    “わたしとぼくのコーヒー牛乳”と“オレンジゼリー”の製造販売を開始
  • 1989年 (昭和64年)

    第1工場(チルド)の改装工事完了
  • 1992年(平成4年)

    CI活動により、新ブランド“WATABOKU・わたぼく”を作製
  • 1994年(平成6年)

    第2工場(ロングライフ)の増築工事完了
  • 1997年(平成9年)

    創業110周年・会社設立40周年記念式典挙行
  • 1999年 (平成11年)

    新社屋・倉庫冷凍冷蔵庫棟の工事開始、12月新社屋完成
    常温保存可能品製造工場認可取得
  • 2000年(平成12年)

    新社屋・倉庫冷凍冷蔵庫棟の工事完了
  • 2003年(平成15年)

    森 實が代表取締役会長に就任、槙島廣太郎が代表取締役社長に就任
    ISO9001マネジメントシステム取得
  • 2005年(平成17年)

    第一工場にてESLラインがスタート
  • 2006年(平成18年)

    デザートライン休止
  • 2008年(平成20年)

    第一工場にてシェル&チューブ殺菌機導入
    第二工場にてアセプティック200mlスリム充填機増設
  • 2010年(平成22年)

    第一工場にてゲーブルトップ充填機増設
  • 2014年(平成26年)

    ブリックパック充填機更新(E3コンパクトフレックス充填機導入)
  • 2016年(平成28年)

    ゲーブルトップ充填機更新(UPN-SEC70充填機導入)
  • 2019年(令和元年)

    第三工場完成(SIG充填機・MA充填機導入)
  • 2020年(令和2年)

    FSSC22000認証取得
    第三工場 3月操業開始